動画編集

ノートパソコンで動画編集は疲れる!費用を抑えた対処法とは?

たんく
こんにちは、たんくです。

「ノートパソコンで動画編集をするのは、オシャレだけど疲れる・・」

「今の自分にデスクトップを新しく買う余裕がない・・」

「疲れて集中力が持たず、効率が悪い・・」

 

そんな悩みを持つ方に向けて、今回は費用を抑えながらも解決する方法をご紹介します。

大型モニターを使う

一番オススメしたいのが、大型モニターを使うことです。

今回は大型モニターを使うことについて、色々と考えていきたいと思います。

大型モニターを使うとどんないいことがあるのでしょうか?

費用が安い

ノートパソコンで細かい作業をすると、疲れるんですよ。画面が小さいから。

今僕はMacBookAirを使っていますが、画面が大きいiMacを購入するとどうでしょう?

 

画面の大きさは2倍以上の27インチになり、快適な動画編集ライフが手に入ることでしょう。

しかし、買おうと思うとざっと40万円弱必要になります。

(もちろんスペックを下げて安く買えるならいいんですけど、あまりパソコンはケチるところだと思っていないので)

 

たんく
そんなお金を簡単に出せるほど僕はいい男ではありませんので、方法を考えました。

 

そこでオススメなのが、大型モニターです。

大型モニターは、iMacなどパソコンと比べてかなり安く購入することができます。

 

なんなら、1円もかけずに自宅にあるテレビをモニターにしたって構いません。

ただ、少し昔のテレビだと、画質が悪く見にくいということもあるかもしれません。

目が疲れない

小さい画面で動画編集をしていると、前屈みになったり目を細めて画面を見ていることが多くあります。

疲れ目サインですね。

 

大画面で動画編集をすると、全てが大きく見えるので画面との距離が多少あっても快適に動画編集をすることができます。

画面自体が広く使えるようになるので、作業自体もかなり捗ります。

 

前屈みになることもないので、姿勢も維持しやすく疲れません。

操作は手元でできる

すでに持っているノートパソコンの画面を大型モニターに映しているだけなので、そのノートパソコンさえ手元にあればモニターと多少離れていても操作は行えます。

なので僕は、大型モニターを少し離して置いて、手元にMacBookAirを置いてやっています。

 

そうすることでわざわざデスクトップを買う時みたいに、新しくキーボードとか色々揃えなくてすみます。

もちろん音だって手元のMacBookAirから出るので、イヤホンは使えますよ。マウスも同じです。

 

大型のモニターは近すぎるとそれはそれで目が疲れてしまうかもしれないですね。

接続も簡単

ノートパソコンとテレビをHDMIケーブルで繋ぎ、ノートパソコンでディスプレイ設定をしてあげれば1分もかかりません。

Macの場合はシステム環境設定から「ディスプレイ→配置→ディスプレイをミラーリングのチェックを外す」で完了です。

たんく
本当に簡単にできますよ。

 

ただ、HDHIコードを繋げるようにはしておかなければいけませんね。

テンションが上がる

たんく
大画面で動画編集をするとね、自分のテンションが上がるんですよ。

「うわぁ。自分って動画編集してるなあ!」って思います。

 

この気持ちがね、すごく大事だと思います。本当に自己満足でしかないんですけどね。

でも、自分のテンションを上げれらる環境を作れれば、作業も捗るしモチベーションも高く維持できます。

 

パソコン本体以外にモニターがあるってだけで、それっぽさを演出できるのでもう設置しちゃうことをオススメします。

たんく
個人的には自分のテンションが上がるというのは大事な項目だと思います(笑)

安くていいオススメモニター

基本的には安く抑える戦略で紹介していきますので、せっかくならめちゃくちゃいいのを揃えるぜ!って方は左上の戻るボタンを押してください。。

 

紹介するのは価格の安いものですが、画質が悪かったり粗悪品は対象外にしています。

 

モニターとして使うだけなら十分なものが安く売っているんです。

そのモニターでどうしても超高画質で映画を見たりしようとすると高くなります。

BenQ モニター ディスプレイ GW2780 27インチ

このモニターは4K画質ではありませんが、正直4Kが必須とも言えませんね。

4Kしか見ないという人にはオススメしませんが、モニターとして使うならフルHDで十分です。

 

画面も27インチと大きい割には、お手頃な価格だと思います。

たんく
27インチと言ったら、iMac(27インチ)と同じ画面の大きさですよ!

ASUS フレームレス モニター 23.8インチ

画質はフルHDです。

先ほど紹介した「BenQ モニター ディスプレイ GW2780 27インチ」よりも、画面の大きさと値段を落とした感じです。

 

たんく
金額はもっとお手頃になりましたね。

20,000円かあ〜と思った人はこちらでもいいかもしれませんね。

レノボ D22-10 21.5インチワイド

画質はフルHDです。

先ほどの「ASUS フレームレス モニター 23.8インチよりもさらに画面の大きさと価格を落としました。

かなりお手頃にはなってきましたが、僕としてはここまで画面を小さくしてしまっては今回の本質からズレる気がするので、あんまりオススメしません。

とにかく少しだけでも大きな画面を最安で買いたいんだ!という方にはいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

自宅のテレビを使えば、無料で大型モニターに変えられる

大型モニターを使うと、目が疲れない

何より自分のテンションが上がる(これ大事)

スポンサーリンク

-動画編集

© 2022 たんくブログ Powered by AFFINGER5